トップページ >二世帯リフォーム

二世帯リフォーム

img.jpg

二世帯住宅のリフォーム

二世帯住宅のリフォームも、完全分離型・一部共有型・同居型の3つのタイプに分けられます。家族構成やライフスタイルだけでなく、土地の形状や建物の構造やスペースに合わせて、我が家に合うタイプを考えなければなりません。親世帯と子世帯の分け方 ・ 繋がり方が大きなポイントとなり、二世帯それぞれの暮らしを尊重したプランであることが大切です。ライフスタイルやプライバシーに対しての感覚は人それぞれですから、毎日の暮らしの中での小さなストレスも、積み重なれば大きなトラブルに発展してしまうこともあります。また、光熱費のメーターを世帯別に分けるか一緒にするかなど、具体的な生活をイメージして話し合っておきましょう。

建替えorリフォーム

二世帯リフォームの場合はプランを検討する前にしなければならないことがあります。それは、建替えるのかリフォームするのか、どちらにするかということです。一般に建替えに必要な費用の7割以上かかってしまうようなリフォームであれば、建替えた方がいいともいわれます。それに、リフォームで完全分離型の二世帯住宅にする場合などはいろいろと無理がでてきたりもします。ただ、建物の耐用年数がまだ十分にある場合や共有タイプの二世帯を考える場合は、こだわりの部分に十分お金をかける事ができるというのもリフォームのメリットの1つです

<費用>

建替えの場合、今の住まいの解体費用の他に仮住まいの準備や費用、引越し費用、登記の費用などが加算されかなりの額になります。一方、リフォームは一部壊して作るという手間工事が多いため工事単価は割高になります。工事費用だけでなく総額がいくらになるのかを良く考え、建替えに必要な費用の7割以上かかってしまうようなリフォームになるのであれば、建替えを選択されたほうが良いようです。

<構造>

土台や柱等の構造部分にシロアリの被害や腐食が酷く大掛かりな工事が必要な場合や、ライフスタイルの変化により間取りの大きな変更が必要となり構造的に今と全く違った形状になる場合は、リフォームより建替えを選択したほうが良いケースがあります。勿論リフォームでも大きな間取りの変更は可能です。その場合は構造的に問題が無いかを確認し、耐震補強工事なども並行して行なうことになります。

<プラン>

リフォームの場合は、既存の構造によってプランの制限がでてきます。広いリビングにしたい場合も壁や柱を取り除くことが構造的に難しかったり、工事費用が思いのほかかかったり、介護目的の二世帯リフォームなのに廊下幅が広げられずに車いすが使えないといったことのないようにしましょう。ただ、建物の耐用年数がまだ十分にある場合や、共用タイプの二世帯を考えている場合は使える部分はそのまま残し、こだわりの部分に十分お金をかける事ができるというのもリフォームのメリットの1つです

<法律により制限される>

条令や建築基準法の改正により土地に様々な制限がかかり、建替えると今の家よりも小さな家しか建てられないという場合も有ります。

建替えvsリフォーム

リフォーム 建替え
メリット 建替えより費用が安くすむ プランの自由度が高い
引越しや仮住まいの費用がかからない場合もある 耐震性なども含め、今の建築基準法に適合した 構造躯体の設計
こだわりたい部分に費用をかけられる 最新の工法・設備を取り入れられる
デメリット 現状の構造・状況により、建替えよりも総額費用が 高くなる可能性もある 解体費用の他に引越し・仮住まい・登記の 費用がかかる
構造により希望のプランが実現できないこともある 建築基準法などの規制で、以前より建物が 小さくなる可能性がある
工事費が割高
工事を開始してから問題が見つかることもある

二世帯住宅へ増築

二世帯住宅のリフォームの中には一棟で二世帯住宅を実現するだけでなく、増築する方法もあります。増築で一世帯分を確保することは、構造上難しいことが多いのですが、離れとしての増築はプライバシーが確保できる。両親の家を壊す必要がない、引越しする必要がないというメリットがあります。しかし、かえって高くつくこともありますので、事前の調査が必要です。建築基準法では、増築する部分も既存部分も現行の建築基準をクリアーしなければななりません。増築部分の面積が既存建物の半分以下で、エクスパンション・ジョイントなどで接続する場合は緩和がありますが、古い建物の場合基礎を作り直さないとだめなケースもあります。構造的な問題の他にも建ペイ率・容積率等の規制も確認しておかなければなりません。一般的に増築で二世帯住宅にリフォームする際に増やすのは次の箇所です。

<玄関を2つに増やす>

親世帯・子世帯間の生活時間のずれによる暮らしにくさを、玄関を2つに増やすことで解決することができます。

<水廻り(キッチン・浴室・トイレなど)を増やす>

キッチンを増やすことで二世帯間の食べ物への嗜好の違い、食卓を囲む食事の時間の差が解消されます。浴室・トイレを増やすことで、二世帯の生活時間の束縛はかなり解消されます。

<部屋数を増やす>

寝室を増やすことは二世帯住宅リフォームの基本です。子供部屋も必要です。また、二世帯共有の納戸をつくっておけば、居住スペースがすっきりします。

二世帯住宅は、三世代が同居するケースも多く、年齢層の幅が広いのが特徴です。親世帯は中年から老年へ、そして子世帯に子供が生まれれば乳幼児から青年へと成長し、ライフスタイルも変化していきます。子供が大きくなれば子供部屋が必要になり、将来は親世帯の介護をするかもしれません。また子供が家を出て自活し、二世帯住宅が不要になることもあるかもしれません。幅広い年齢層が生活する二世帯住宅のリフォームでは、赤ちゃんからお年寄りまで、全ての年齢層に優しいバリアフリーをおすすめします。生活の変化に対応して、少し手を入れるだけでそれらの変化に対応できるようなプランにしておくと良いでしょう。また完全分離型にしやすいプランにしておけば、片方を賃貸に出すという将来設計もできます。
このページの先頭へ